オリジナルの紙袋も、商法の一つです

レジ袋が普及する前、紙袋は、あらゆるお店で使用されてきました。小さいサイズから大きいサイズまで、様々な用途がありました。

代表的な物は、デパートの紙袋で、其々オリジナルの紙袋を提供しています。紙袋を見るだけで、デパート名が直ぐに分かり、又シンボルマークを使い続けている老舗のデパートもあります。
ファッションブランドの物は、特に人気があり、コレクションしている人も少なくないです。

オリジナルの物は、其々お店の特徴があり、耐久性も優れているので、活用範囲も広いです。又デザインも素敵なので、それ目当てに購入する人もいる位です。

そう考えると、お店の顔とも言える紙袋は、とても重要な役割をしている訳です。お気に入りのお店の物は、メインバッグのサブとして使われています。

お弁当入れにしたり、用途はまちまちですが、結構おしゃれ感があります。素敵なデザインで、オリジナル性があり、まして無料で頂けるのですから、購買意欲も湧きますね。これは、やはり上手な商法の一つと言えるでしょう。女性だけでなく、人はオリジナルという言葉に弱く、手に入れることによって得をした気持ちになります。

オリジナリティー溢れたラッピングをしてくれるお店は、リピーターも多いです。競争が激しいファッション業界に於いて、生き残っていくには、求められる製品作りが重要です。そして、企業努力は勿論ですが、そのお店のオリジナル性が、人を惹きつけるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です